鉛筆シャープType-MXレビュー

【コクヨ 鉛筆シャープType-MX レビュー】大人のメカニカル鉛筆

2020年1月28日

鉛筆のような滑らかな書き心地で人気のあるコクヨの鉛筆シャープですが、2019年の3月に決定版とも言える鉛筆シャープの上位モデルが発売されました。その名は「鉛筆シャープType-MX」です。

日本では0.5mmが主流で、最近では0.3mm、0.2mmが当たり前になっているシャープペンですが、この鉛筆シャープはその名の通り、芯径は0.7mmからと太字のラインナップになっています。

今回紹介するのはその中でも一番細い?0.7mmの鉛筆シャープType-MXです。

 

鉛筆シャープ Type-MX0.7の外観

 

鉛筆シャープType-MXレビュー

▲サイズは軸径φ10.5、長さ143mmです。

カラーは全体的にマットなブラックカラーで高級感のあるシャープペンです。ラインナップは0.7mm、0.9mm、1.3mmですが、ボディーカラーは全てマットブラックになります。

 

鉛筆シャープType-MXレビュー

▲口金はスリムな形状です。使用しない時はガイドパイプを収納することができます。

 

鉛筆シャープType-MXレビュー

▲グリップは亜鉛合金です。

 

鉛筆シャープType-MXレビュー

▲軸には「enpitsu sharp」のロゴと型番がシルバーカラーで印字されています。マットブラックによく合っていて高級感があります。

軸は最高クラスの耐衝撃性を誇るプラスチック素材のポリカーボネートです。軸の両端は透明のプラスチックパーツになっていて良いアクセントになっています。一見するとブラック一色にみえますが、光が当たると透明のブルーであることが分かります。

このパーツのカラーは0.7mmがブルー、0.9mmがレッド、1.3mmがグリーンです。

 

鉛筆シャープType-MXレビュー

▲クリップはスチール製です。

 

鉛筆シャープType-MXレビュー

▲ノックボタンは黒い消しゴムになっています。ノック動作は浅めで音が静かです。

 

鉛筆シャープType-MXレビュー

▲グリップは分解することができません。

 

 

鉛筆シャープ Type-MX 0.7の特徴

 

丈夫な金属クリップ

 

鉛筆シャープType-MXレビュー

 

上着のポケットに挟んでもしっかり留まる金属クリップです。ノートなどにも挟みやすいくらいの余裕があります。見た目はシャープな印象ですね。クリップの取付箇所は三角のプラスチックパーツで補強されていて丈夫な印象です。

 

スリムな形状の金属ペン先

 

鉛筆シャープType-MXレビュー

 

スリム形状の口金と3mmのガイドパイプで、筆記時はペン先が見やすく安定した書き心地です。ガイドパイプは収納式で、持ち運び時に落下させてもペン先を守ることができます。ただし、収納式でも使用している時に落下させては意味がありません。気をつけましょう。

 

黒消しゴム付き

 

鉛筆シャープType-MXレビュー

 

ノックボタンのツマミを時計回りに回転させると黒消しゴムが現れます。※ツマミは高さ5mmくらいなのでちょっと掴みづらいです。

消しゴム収納時も表面が見えるので、黒消しゴムは汚れが目立たなくて良いですね。

 

低重心設計の亜鉛合金グリップ

 

鉛筆シャープType-MXレビュー

▲グリップの先端はしっかりと握れる六角形で後ろ側は円形になっています。低重心でありながらゆったりと持つことができきる形状です。

 

鉛筆シャープType-MXレビュー

▲ペン先正面から見ると六角形がよく分かりますね。丸みのある六角形がとても持ちやすいですよ。指先にしっくり馴染みます。

 

鉛筆シャープType-MXレビュー

 

重心はこの位置です。0.7mmの芯径と相まってスラスラと筆記がすすみます。

 

 

 

鉛筆シャープ Type-MX のラインナップと価格

 

ラインナップ

芯径製品色品番メーカー希望小売価格
(税抜)
外寸法
(軸径・長さ)
0.7mmPS-P502B-1P1,000円
0.9mmPS-P500R-1P1,000円φ10.5・143mm
1.3mmPS-P501G-1P1,000円

※PS-P500・P501には2B芯が2本、PS-P502にはHB芯が2本入っています。

 

替え消しゴムオプション

品番メーカー希望小売価格
(税抜)
入り数サイズ適用品番
ケシ-P201100円黒3本φ7・23mmPS-P400・P401・P402
・P500・P501・P502

※材質 オレフィン系エラストマー樹脂

 

 

鉛筆シャープ Type-MX 0.7のレビューまとめ

 

ココが良い!

六角と円を組み合わせたグリップが持ちやすい

ガイドパイプが収納できる

マットブラックカラーとデザインが良い

黒消しゴムで汚れが目だたず、大きくて消しやすい

筆記がなめらか

低重心で安定した筆記ができる

ココがイマイチ!

安定した筆記はできる反面少し重いので、長時間の筆記だと疲れる

 

日本では漢字を多用するため、より細かく書ける0.5mm以下が一般的な芯径ですが、0.7mmで書いてみると滑らかにスラスラ走るペン先が癖になります。鉛筆シャープ Type-MX 0.7を使ってみて虜になりました。各社定価1,000円のシャープペンは多数ありますが、書きやすい上にペンのクオリティも高いので、このシャープペンはかなりおすすめですね。1.3mmも一緒に購入したのですが、マークシートの塗り潰しに最高!と学生の息子に譲ってしまったので、0.9mmと合わせて全芯径を揃えたいと思います。

以上、鉛筆シャープ Type-MX 0.7のレビューでした。

 

 

関連コンテンツ

-シャープペン
-, ,