パイロットS10 レビュー

【パイロット S10 レビュー】メタルグリップで低重心設計のスケルトンカラーのシャープペン

パイロットから発売されているシャープペンは、デザインが特徴的で書き心地も良いシャープペンが多いですよね。「フレフレ」や「ドクターグリップ」など多数の名機がある中で、個人的に一番のお気に入りは「Sシリーズ」です。木軸の「S20」を手にしたのが好きになったきっかけですが、別の「Sシリーズ」も試してみたくなり、「S10」を購入してみました。「S20」とはまた違う良さがある「パイロット S10」のレビューです。

 

パイロット S10の外観と特徴

 

パイロットS10 レビュー

▲サイズは最大径φが10.2mm、全長が145mmです。

グリップの先端から中央に向かって太くなり、軸の中央から後方に向かって細くなる流線型ボディが特徴で、他のSシリーズと同様のデザインになっています。この形状がとても持ちやすいんです。親指と人差指の付け根に当たる部分が細くなているので、絶妙な角度でペンを持つことができます。一見すると分かりづらいですが、グリップの先端は9mmで中央付近3は10mmです。

 

パイロットS10 レビュー

▲口金はぺんてるのグラフ1000フォープロのようなステップヘッド形状になっています。S20と同じ口金で艶消しのシルバーは梨地クロムメッキ仕上です。

ステップヘッドによりペン先の視界がクリアになるので、気持ち良く細かい字を書いたり線を引いたりすることができます。ガイドパイプは固定式なので落下には注意が必要です。

 

パイロットS10 レビュー

▲グリップは金属製でローレット加工が施されています。

グリップの先端に4つのラインが刻まれているので、ペンの先端を握って筆記する場合は、よりグリップ力を効かせて持つことができます。口金のラインと合っているので、デザイン的にも良いアクセントになっていますね。

 

パイロットS10 レビュー

▲クリップを外して使用した場合、ペンの転がりを防止するために、グリップと軸の間にラバー製の突起があります。この辺りの細かい配慮に感心します。

 

パイロットS10 レビュー

▲軸はスケルトンカラーです。写真は#ブラックです。

梨地クロムメッキ仕上の金属クリップと硬度表示窓はS20と同じ仕様です。硬度表示窓の動作は硬めで、自然にズレてしまうようなことはありません。硬めなので本体から外して合わせます。

ひとくちメモ

芯を出すボタンについて、一般的には「ノック」、「ノックカバー」、「ノックボタン」など呼ばれていますが、パイロットのシャープペンでは「ノブ」と表記されています。また、硬度表示窓をインジケーターと表記されています。

 

パイロットS10 レビュー

▲製図用でも使用されるシャープペンなので、ノブの天面には芯径がプリントされています。

 

 

パイロット S10とS20の外観比較

 

パイロットS10 レビュー

▲S10のサイズは最大径φが10.2mmで全長が145mmに対し、S20のサイズは最大径φが10.6mmで全長が146mmです。

S20の記事はこちらを御覧ください。

パイロットS20 レビュー
【パイロット S20 レビュー 】唯一無二の木目が楽しめる自分だけのシャープペン

今回紹介するのはパイロットのS20(エストゥエンティ)です。SシリーズにはS3、S5、S10、S20の4種のグレードがリ ...

続きを見る

 

口金、クリップ、ノブは同じパーツが採用されています。S10は金属グリップなので微妙な曲線にはなりませんが、こうして並べてみると、表現しようとしているデザインは一緒であることが良く分かりますね。但し、それぞれの使用感は別物です。どちらが良いとか悪いとかではなく、どちらも書き心地は良いです。S20は木製の温もりとしなやかさで安心感があり、S10はグリップ力と低重心により筆記の安定感があります。どちらかを選ぶことはできないので2本持ちがベストですね。私はアイデアなどをサッとノートに書き留めたいときはS20で、イラストなどの下書きにはS10を使用しています。

 

パイロット S10の製品仕様

 

製品名S10(エステン)
品番HPS-1SR
価格1,000円+消費税
種類シャープペンシル
方式ノック式
サイズ最大径φ 10.2mm 全長 145mm
芯径(カラー)0.3mmシャープ(TB、TL、TY)

0.4mmシャープ(TR)

0.5mmシャープ(TB、TL、TG)

0.7mmシャープ(TL)

0.9mmシャープ(TG)

替ゴムHERFS-10

TB: 透明ブラック

TR: 透明レッド

TL: 透明ブルー

TG: 透明グリーン

TY: 透明イエロー

 

 

 

パイロット S10のレビューまとめ

 

パイロットS10 レビュー

 

ココが良い!

筆記面の視界がクリア

手に馴染む流線型ボディ

グリップ力があるメタルグリップ

低重心設計で書きやすい

ココがイマイチ!

なし

 

S20は木軸が手に馴染んでとても書きやすいシャープペンでしたが、S10はS20とは別の書き心地の良さがあります。個人的な主観ですが、字を書くよりもイラストの下書きに重宝しています。低重心の重みでササッとペン先が走るような感覚があります。また一つお気に入りのシャープペンができました。

以上、パイロット S10 0.3のレビューでした。

 

 

関連コンテンツ

-シャープペン
-, ,