ロットリングラピッドプロのレビュー

【ロットリング ラピッドPRO レビュー】クリエイターから支持されるプロ仕様のシブい一本

2020年2月8日

ロットリングのラピッドPROを紹介します。クリエイター向けに開発されたプロ仕様の製図用シャープペンという位置づけですが、シブいデザイン、質実剛健のフルメタルボディ、ロットリングの象徴「赤のリング」に魅了されて購入しました。実際に手に持ってみた感想は「んーカッコイイ!」の一言です。

ロットリング ラピッドPR0 0.5のレビューです。

 

ロットリング ラピッドPROの外観

 

ロットリングラピッドプロのレビュー

 

▲パッケージはこんな感じで三角のボックスに収められています。ロットリングは1928年創業のドイツのメーカーです。

 

ロットリングラピッドプロのレビュー

 

▲シャープペンには珍しく取扱説明書も同梱されています。

 

ロットリングラピッドプロのレビュー

 

▲サイズはペン先収納時が145mm、軸径は7mm、重さは25gあります。全身フルメタルボディでズッシリ感があります。

カラーはシルバーとブラックがあり、今回レビューするのはブラックカラーです。口金からノックカバーまでマットブラックで、ブラックエポキシパウダー仕上げの塗装は、梨地のような塗装でザラつきがあり、手にしっくり馴染みます。

シブいブラックボディですが、グリップの上にある赤いリングが良いアクセントになっています。(ロットリングとはドイツ語で”赤い輪”です)ロットリングを象徴する”赤い輪”ですね。

 

ロットリングラピッドプロのレビュー

 

▲グリップは目の細かいローレット加工になっています。しっかりとしたグリップ力があります。目の細かいローレット加工では指先が痛くなるようなものもありますが、ラピットプロは引っ掛かりもなく痛くありません。

ローレット加工の目が細かくてグリック力の強いグリップですが、細かいがゆえに小さなゴミが目詰まりして、中々取れないときがあります。私は気になる方なのでカメラ用のブロアーブラシでシュポシュポ掃除をしています。

 

ロットリングラピッドプロのレビュー

 

▲六角形のボディもロットリングらしさですね。光沢感のあるロゴがプリントされています。上の写真で梨地のような塗装が分かりますでしょうか。とても高級感があります。

 

ロットリングラピッドプロのレビュー

 

▲クリップに「rOtring」のロゴが刻印されています。

 

ロットリングラピッドプロのレビュー

 

▲ノックカバーの天面はベンチホールになっています。ノックカバーの中に消しゴムが詰まってしまうのを防止するためでしょうか。ノックカバーのような小さな部品も安っぽさがなく、しっかりと作り込まれている印象です。

 

 

ロットリング ラピッドPROの特徴

 

ロットリングラピッドプロのレビュー

 

 スライディングパイプ&クッションポイント:ガイドパイプはスライドして収納することができます。(スライディングパイプ)また、ガイドパイプはクッションポイント方式で、強い筆圧が加わると沈んで芯の俺を防ぎます。

ダブルノック式:ノックを押すとガイドパイプが出現し、もう一度押すと芯が出ます。

一度ノックすればガイドパイプの長さ(3mm)分はノックしなくても書き続けられる。

ブラックエポキシパウダー仕上げの塗装:梨地のようなザラつきのある塗装で高級感を演出しています。

 

ロットリングラピッドプロのレビュー

 

▲重心はほぼ中央にあります。低重心ではありませんが、フルメタルボディの重量の引力で、重心が下がり筆記がしやすいです。

 

ロットリング ラピッドPROのレビューまとめ

 

ロットリングラピッドプロのレビュー

 

ココが良い!

堅牢なフルメタルボディ

ブラックエポキシパウダー仕上げで高級感がある

カッコイイ

所有する喜びと満足感を与えてくれる

ココがイマイチ!

なし 

 

ロットリングのシャープペンはやっぱり格好良いですね。使い心地も良く、適度な重さとグリップ力の高さでとても使いやすいシャープペンと感じました。ブラックのフルメタルボディなので、使い続けた数年後のエイジング(経年変化)が楽しみなシャープペンです。

以上、ロットリング ラピッドPROのレビューでした。

 

-シャープペン
-, ,