ドラフィックス300のレビュー

【ゼブラ ドラフィックス 300 レビュー】これが300円?高コスパの製図用シャープペンがカッコイイ

2020年3月28日

ドラフィックス300(DRAFIX)というゼブラのシャープペンをご存知でしょうか。価格300円(税別)という低価格ながら、書き心地やデザインが良い、ゼブラの製図用シャープペンです。ネットでは購入することができますが、実店舗で見掛けることはほとんどありません。かなり前から売られているシャープペンなのは確かで、散々調べてみましたが正確な発売日を調べることができませんでした。

ゼブラ ドラフィックス300 のレビューです。

 

ゼブラ ドラフィックス300の外観と特徴

 

ドラフィックス300のレビュー

▲芯径0.7のレビューです。

サイズは軸径9.1mm×全長142.8mmで、重量はわずか8.5gです。先金とクリップ以外は樹脂製でとても軽い製図用シャープペンです。その軽さからフットワークがとても良いので、アイデアを書き記す時や、イラストの下絵等で使用するために、スラスラと書ける0.7の芯径を選びました。0.7の他には0.3、0.5、0.9の芯径があります。

ブラックのボディは300円という低価格ながら安っぽさを感じません。

 

ドラフィックス300のレビュー

▲先金の形が特徴的です。

製図用シャープペンということで、ペン先が良く見えるようにデザインされています。グリップの太さから一段絞って先金をシャープにしています。さらに、4mmの固定式ガイドパイプが搭載されているので、筆記面の視界はとてもクリアで書きやすいです。

 

ドラフィックス300のレビュー

▲グリップは樹脂製です。

何本も横線が入ったグリップは、本体の軽さもあって十分に滑り止めの役目を果たしています。低重心のシャープペンは書きやすいですが、軽量のシャープペンも書きやすいです。

 

硬度表示窓は軸の中心に搭載されています。パープル(グレー?)のパーツを回転させて硬度を合わせる仕組みです。適度な硬さがあり筆記中にズレてしまうようなことはありませんが、硬度が軸の回りをグルっと一周プリントされているので、3Hや4Hを選択すると反対側に表示されます。この仕様は価格なりという感じでしょうか。

 

ドラフィックス300のレビュー

▲ノックカバーの天面に芯径がプリントされています。ペン立てにドラフィックスを数本立てていても、即座に選ぶことができます。

クリップは一般的な形で鉄製です。取り外すことも可能です。

 

 

ゼブラ ドラフィックス300の製品仕様

 

価格: 330円(税込)

サイズ: 軸径9.1mm×全長142.8mm

重量: 8.5g

芯径: 0.3、0.5、0.7、0.9

 

芯径により硬度表示窓のカラーが違います。0.3はイエロー、0.5はレッド、0.7はパープル(グレー?)、0.9はブルーです。

 

 

 

 

出典ゼブラ ドラフィックス製品仕様より

 

ゼブラ ドラフィックス300のレビューまとめ

 

ドラフィックス300のレビュー

 

ココが良い!

300円(税別)という価格

価格なりの安っぽさが無い

軽くて長時間の筆記でも疲れない

デザインが良い

ココがイマイチ!

硬度表示窓の見え方(HBだけ使用すればOK)

 

ぺんてるのP200やグラフレット、プラチナ万年筆のプレスマンなど、安価なシャープペンでも名機があります。ゼブラのドラフィックスもその一つではないでしょうか。実店舗ではあまり見掛けないので、人とダブらないシャープペンかもしれません。

以上、ゼブラ ドラフィクス300のレビューでした。

 

-シャープペン
-, ,